ベトナムでビザを取得する方法

2017年までベトナムビザの取得は少し不便なものでした。ビザを取得するためにサードパーティのサービスを通じて申請し、ビザ承認書を支払い、その後、ベトナムでその書類を1回交換し(そして再度支払う)、ビザ入国スタンプを取得する必要がありました。 現在は、81か国(日本、米国、カナダ、EUを含む)でオンラインのeビザを申請できます。 旅行ビザの申請は通常通り、ベトナムに着陸する前に行うことが必要です。 到着時にベトナムに入国出来る証明書がない場合、おそらく飛行機に搭乗させてもらうこともできないので注意しましょう。 注:さまざまな国籍のビザのプロセスとルールは頻繁に変更されます。 オンラインで見る情報は古くなっている可能性もあるので、不明点がある場合はベトナム大使館に直接確認してください。 ベトナムビザを取得する方法 ベトナムビザを取得するには、次の3つの選択肢があります。 1.オンラインでeビザを申請し支払う(これが最も簡単な選択肢です) 2.ベトナム国外のベトナム領事館で直接またはオンラインでビザを申請する(これはE-Visaとは違います) 3.代理店を通して空港到着時にビザと交換される「ビザ承認書」を取得する どの方法でも、ベトナムビザを取得するには、パスポートに少なくとも6か月分の有効期限が残っている必要があります。また、13か国(英国、フランス、ドイツ、スカンジナビア諸国を含む)の市民は、15日間のビザ免除を受けることもできます。 なので、ベトナム訪問が日数短い場合には、ビザが要らない可能性もあります。ただし、この免除リストは随時変更される可能性があるので、事前に確認してから出発するようにしましょう。また、すべての旅行者は、ビザなしで30日間、ベトナム最大の島フーコックを訪れることもできます。 ベトナムE-Visa制度について ベトナムは2017年2月1日にE-Visaのシステムを完成させました。当初はバグの問題があったものの、ベトナムビザ取得のプロセスは大幅に簡略化されています。 この手続きにはパスポートの写真と、中間色の背景(帽子やメガネなし)での最近の写真(4 x 6 cm)が必要です。 画像アップロード後、25ドルの料金をオンラインで支払います。 3日後、問題がなければE-Visaが添付されたメールが届きます。これを印刷し、ベトナム入国時に持参してください。 オンラインでのベトナムのE-Visa申請について 警告:偽のE-visaのWebサイトが多発しています。詐欺サイトは公式であると主張しながら実際には個人情報を盗む目的があります。政府の公式E-visa Webサイト(ドメインの末尾がgov.vn)であることを必ず確認するようにしましょう。また、 検索エンジンの結果や上部の広告を信用してはいけません。…

ホーチミンで仕事を見つけ働く方法を知ろう!

ベトナムの経済の中心であるホーチミン市は、多くの国際的なビジネスによって都市の近代化が進んでいます。また、ホーチミン市では多様で収益性の高い経済を生み出す外国人が働く機会も多くあります。 いま、あなたが海外に引っ越す・移動する必要があるなら私たちが力になります。 世界を移動の計画は自分では限界があります。私たちが駐在員として、あなたの必要なものを把握して、海外に住むのに役立つ基本的な情報を提供します。 海外へ早急に移動する必要があるなら、今すぐコンタクトしてくださいね! ホーチミン市での雇用について 地域経済 ホーチミン市はベトナム経済の中心的な都市で、国の経済の大部分を担っています。 特に観光業は多くのビジネスをもたらし、サービス業は都市経済の半分以上を占めています。 建設は都市の残りの経済の大部分を占め、経済の2%未満が農業、林業、その他の小規模産業で構成されています。 ホーチミン市での仕事探し ホーチミン市で仕事を探しているなら、英語を教える仕事がおすすめです。仕事探しにも苦労しないほか、新しい文化を体験できたり、周辺地域を旅行する機会を得ることができます。教える仕事に興味があったり、教育現場の経験があったりすれば、さらに選択肢は広がります。 ベトナムに行く前に外資系エージェントを経由すると高いお金がかかる可能性があるためあまりおすすめしません。仕事をオンラインで見つけることは必ずしも必要なことではないので安心してください。また、最近の選考過程ではビデオ面接(スカイプなど)がポピュラーになっています。そして、給与が高いのは、大学、中等学校、インターナショナルスクールで、学生と同じ期間休暇を取れるメリットもあります。もちろん、その他の学校や、夜間・週末クラスの後に教える集中英語トレーニングスクールで働くことも可能です。 ホーチミン市の労働許可について ホーチミン市で働く時は就労許可証が必要です。就労許可証を持たないまま働いた外国人は強制送還されるので十分に気を付けましょう。ベトナム国内から就労許可書を申請する場合は、ベトナムに到着してから90日以内に申請することがルールです。私たちはこの方法よりもより安全な、現地の雇用主の助けを借りて自宅から申請する方法をおすすめします。許可証は勤務先の地域と国に申請するため、ホーチミン市労働省に送付する必要があります。 もし労働許可証について、もっと詳しく知りたい場合は、 ベトナムの労働許可証(ワークパーミット)と必要書類[外部リンク]にてご確認ください。 あなたが海外に移住する必要があるなら、私たちが力になります。海外に移住するために必要な手続きは膨大で、初心者には難しい内容になっています、また、手続きを終えた後でも複雑な手続きの負担はかかり続けます。あなたがどんな場面で困っていても、私たち「ベトナム ホーチミン就職マスターへの道」が手助けします。家探し、学校探し、ビザの問題、さらにはペットの移動など、生活に必要な全てのサポートを提供します。私たちの専門家チームはあなたの海外移住を整える準備ができています。海外移住は早めの準備が大切です。